スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

特にあおりが致命的

何も考えずに絵を描いてたら、途中で前と似たような絵だと気づいて止めてみたり。
ちなみにイレース描くこと多いのは、上手く描けなくてムキになってるだけです。

頭もでかいしのう

あおりとか俯瞰とかもいろいろ描いてはみてるんですけどね。バランス悪くて形にならないだけで。
絵を描き始めた頃にもっと描きにくい絵もチャレンジしていけば、今はぜんぜん違ったんでしょうね。
…まあ、まだ遅くはないか。

引き出しは狭いんじゃなくて、空っぽなんだ。だからいろいろ詰め込めるんだ。
なんか自己啓発くさいぞー。

スポンサーサイト

テーマ:ファイアーエムブレムシリーズ - ジャンル:ゲーム

2009.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ファイアーエムブレム

クリア記念絵はしばし後回し

イース7は、ようやっとクリアしました。
アクションスキルの低い私にはなかなかつらいラスボス戦でしたこと。
っていうか10日もかかるとは思いませんでした。うーん。休みはさんでたはずなのになあ。

全体としては、イースらしい出来で、シリーズファンとして満足感はありました。
最近は少なくなった骨太のアクションRPGって感じです。名前ばかりのアクションRPGの比率が増えてますしね。

シナリオは同じファルコムということで、なんかザナドゥ・ネクストを連想しました。ティアとか特に。

読み込み時間もストレスがたまるものではなかったし、空の軌跡もやってみようかなぁ、と思ってみたり。
イース7は20時間ほどかかったけど、あっちは3作セットでどのくらいかかるのかな?

(ネット掲示板によるクリアまでの平均時間)
FC 50~60時間
SC 70~80時間
3rd  50~60時間

これはひどい。

最近のRPGってこんなにかかるもんなんですかね。

2009.09.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

セーブし忘れて、たまにボス戦突入

イース7はまだクリアしてません。
やりこみ要素は少なく、二周目以降への引継ぎも無いようですが、そういう部分は昔から続くブランドらしくて良いですね。

しかしそろそろクリアは近いと思うのですが…いつまであるんだ、これ。

2009.09.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

2ページくらいで追い詰められる自分

なんだか夢の中って、自分の行動さえ、後で思い起こすと動機の不明なことって多いですよね。

先日、私の見た夢の中で、私は愉快犯のような性格になってまして、宿泊したホテルの食事に薬品を混入し、食中毒を起こすことを楽しむという、わけのわからない内容でした。

大型の食中毒に見舞われたホテルは大騒ぎ。
私はといえば、善良な宿泊客のふりをして、まんまと抜け出すことに成功します。ふふふ。完全犯罪の成立ですよ。どんなトリックを使ったかまでは覚えてませんが、自分に容疑がかかることはないと確信して、帰るわけですね。

しかしそこで、デスノートの L が出てきまして。

Lの超頭脳によって、あっという間に私のトリックは看破。取調べ室のような場所で、気づけば自首をしており、後は裁判やら投獄やら、陰鬱な未来を想像してしょげてる場面で目が覚めました。

やぁ、やっぱ L ってすごいんですね。っていうか食中毒くらいで出てくんなよ。

とりあえず、目が覚めた時は釈然としないものを感じつつ、ほっとしたものでした。
やっぱ悪いことはできませんね。

2009.09.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

ティアよりアイシャ派

イースはたぶん折り返しぐらいに来ました。
6だったらもう終わってるぐらいの長さですね。
今回は聞いた通りにボリュームある感じです。
それに伴ってスキルやらなんやら、今までのイースよりも育てる部分が多いですね。メジャーハードで販売ということで、やりこみ要素に力を入れた結果かもしんないですね。ふーむ。

アシュリーさん。色付けぺたぺた。
やっぱ逆光っぽい絵は苦手なので、なんか汚い感じになりますね。やめときゃよかった。
song of ashelly

2009.09.23 | | Comments(0) | Trackback(0) |

フェルガナのボスは特にひどかった

引き続きイース7プレイ中。
なんかしだいに、ドギのポリゴンが綺麗なジャイアンに見え初めてきました。
そして毎回ボスには苦戦続き。
イースのボスっていつも強いんですよね。アクションゲームん苦手な私からすると。

しかして五連休の内、三日が出勤日のわが社。
なんかもういっそ、普通に土日に休みが欲しかった気もします。うーん。

2009.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

毎回弱くなってるアドルさん

イース7はぼちぼちプレイ中。
そういえばアドルの冒険の規模って続編やリメイクの度にデフレを起こして、最初は 「女神の力を借りて古代の神を討ち滅ぼす英雄」 みたいな感じだったはずなのに、設定の追加や変更の末に、 「遊翼人種の残した迷惑な遺産を片付けることに生涯をかけた冒険家」 になってんですよね。

2のダームはオリジンで。3のガルバランはフェルガナで、それぞれ邪神から元人間(しかも意外と近代)と旧文明の戦争兵器に格下げしてますし。
インフレを起こす作品は多いのですが、こんな風にデフレを起こす作品は珍しい気がします。

イース7自体は割と丁寧に作られており、なかなか良い感じ。読み込みもストレスを感じるほどではないですし、ナンバリング作品に相応しい出来ですね。
私はまださほどすすめていないのですが、クリアした友人から聞くとかなりボリュームはあるようで、時間の無い現状としては、それが気がかりだったりします。
まあ、のんびりクリア目指そうかな。


絵はメインドインワリオのアシュリーさんを描きかけ。
ソングオブアシュリーはいろいろと衝撃的だった
いざ描くとなると髪型の凄まじさを実感するキャラっていますよね。
この子のツインテールも大変な質量ですよ、まったく。

2009.09.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

なんかラクガキ FEイレース

うわぁ。描かない間に確実に下手になってるぞ。
後ろにロックマンのブルースでも描いたろうと思ったけど…
ちなみにこのキャラは戦闘中に黒いパンツの見えるキャラでして、うんぬんかんぬん(←言い訳)。

ポリゴンのスカートの中といえばPSOのフォマールが、鏡面の床を利用して覗いてみたり、転んでみたり、とにかく中身を見ることに情熱を費やした結果、スカートの中にはポリゴンの作られておらず、空間から足が生えていて、皆が絶望したという話を思い出します。
当時は見えないところまで作ってる余裕が、ハード性能的に無かったんでしょうか。

今のポリゴンはどのくらいまで作りこんであるものなのでしょうね。

テーマ:ファイアーエムブレムシリーズ - ジャンル:ゲーム

2009.09.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | ファイアーエムブレム

どこが変わるのか知りませんが

イース7が無事に届きました。

よーし、今日はいきなり工場長がダウンして病院に行ったせいで仕事が増えて、あまり時間が無くなったけど、オープニングだけでも見ておくぞー。

イース7 → PSP本体のバージョンを5.5に更新しなければプレイできません。
更新 → 電源がフルの状態じゃないと更新が始まりません。
PSP本体 → この前、ナビに使ったせいで電池が空っぽです。

そんなわけで充電と更新だけして終わりました。わ…わーい。

SNKアーケードコレクションの時も初音ミクの時も、そして今回も。
ソフトを一本買うたびに必ず更新が入るのはさすがに頻繁過ぎませんかね。
iPodやiTunesも大概ですけど、結構うんざりしますよね、こういうの。

2009.09.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

一番好きなのは2 次点でフェルガナ

イース7が明日発売ということで、数日前からアマゾンに注文。
最近の経験から、どうせ四日ほど遅れて届くんだろうな、とか思ってたら、すでに滞りなく発送もされ、明日中には届きそうな感じです。うーん。時間が無い時に限ってすぐに届くのはお約束なんですかね。

イースシリーズはかなり偏った付き合い方をしているのですが、正直言って、やっぱパソコンで出して欲しかったなぁ、というのが本音ですね。
PSPのゲームは読み込みのせいで途中で投げる確率が高いので、割と心配です。
そもそもコンシューマーに移植したり新作出したりすると、ほとんどふるわないイメージあるんですけど、大丈夫かいな。

ちょっと不安を抱えつつ、パッケージを開けたいと思います。さぁこいアドル。

2009.09.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

性能の向上と引き換えに削られたもの

第三世代iPodタッチの分解画像が出回りまして、それを見るに、なんだかカメラが納まるようなサイズの謎の空間がパネルの中にあったみたいですね。やっぱり発売直前の仕様変更で急遽取り外したというところでしょうか。

現状、前世代あたりからバッテリーを中国製に変えたため、一部、発火事故などが起きているという噂も流れていますし、なんにせよもう少し様子見した方がよさそうですね。うーん。

バッテリーといえば、前まで使用していたノートパソコン(バイオ)のバッテリーが発火するということで回収対象になっていましたが、いまだに部屋に放置しままになってたりします。
携帯電話のバッテリーなんかも膨張したり爆発したりと聞きますし、どこのメーカーもコストと安全性の兼ね合いで苦慮してる部分なんでしょうね。難儀難儀。

2009.09.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

夜の山道で翻弄される我が車

土曜日曜で家族とやや遠方の温泉に行ってきたわけですが、仕事が終わってから一人で温泉に向かったため、知らない道を走る羽目となりました。
そんなわけで、以前から買ってはいたけど使っていなかった、PSPにナビ機能を持たせるソフト「MAPLUS2」を使って現地へと向かってみることに。

実際に使ってみるとあれですね。
少なくとも地図は正確なため、思ったよりは使えるのですが、GPSの座標精密度がかなりぞんざいなため、たとえば連続した十字路の一つを曲がる時、一本か二本ずれて指示してくれるので、注意が必要でした。
また、明らかに音声案内が間違っていることもあり、地図上では直進や斜め右の時でも「斜め左です」と説明され、山道へ突っ込むというアクシデントが頻発しました。おーのーれー。
そして最後は帰り道なのですが、日差しの強い日はバックライトの光量が足りず、画面が見えなくなることでしょうか。バイザーを自作するという手もありますが。
ああ、あとはソケットにつながないと三時間ほどでバッテリーが切れることもあったか。

やっぱ使用の幅が広いとはいえ、それ用に作られていないものを、ナビに使うという時点でいろいろ制約が生じるものですね。
ちなみに車の台にPSPを置くのは目立つのでかなり恥ずかしいです。別に周囲は見ていないんでしょうけど。

そうこう苦労してようやく温泉についたわけですが、なんか入り口のあたりで太鼓演奏会をやってて入りづらかったですね。10人ぐらいでどんどこ太鼓を叩いてました。見物人は3人ほど。なんか見てていたたまれない感じですこと。
その後は普通に温泉に沈んで普通に寝て過ごしてきました。
着くのが遅かったので、夕食を食べ逃したのが残念です。

ちなみにPSPナビはつい先日、後継である「MAPLUS3」が発売されてたみたいですね。
いろいろ直ってるといいんですが。

2009.09.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

ちなみにdocomoに親戚がいるのでiPhoneには縁が無い

毎年九月恒例、iPodの世代交代がやってまいりました。

私はiPodタッチ(第一世代)を愛用しているのですが、第三世代になるということで買い換えようと思っていましたが、どうも事前から噂にあったカメラ機能はつかない様子。(ナノには着きましたけど)

まあ、カメラなんて携帯にも付いているし、さして必要でもないわけですが、やはりあると思っていたものが無いのは残念ですね。

直前にカメラの不具合が見つかり、急いで取り外して、中途半端な機能アップでお茶を濁した、とも噂されてますし、なんだかすぐにカメラ付きを出してきそうな気もしたり。

こういう機器系のお約束である分解写真が出回れば、少しは予想つくかもしんないですね。
ちょっと様子見。

2009.09.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

カチュアさん

なんとなくリハビリ気分で一枚。FEのカチュアさん。
リメイクではマルスとの支援でそれなりのEDが用意されてると信じていた時期もあったのですが…。

別にカチュアさんをいじめたいわけではないんですが

ペガサス三姉妹の次女はどの作品でも苦労性ですね。
紋章のリメイクが出るとしたら今度こそ幸アレ。

テーマ:ファイアーエムブレムシリーズ - ジャンル:ゲーム

2009.09.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | ファイアーエムブレム

にしんの発酵食品

何を血迷ったのか会社の先輩がシュールストレミング(世界で一番臭いスエェーデンの缶詰)を通販で取り寄せたということで、興味本位ながら、開封に立ち会うことにしました。
どうも漫画の「もやしもん」を読んで影響を受けたようです。
そうか。この前ふりのために最近、本をまとめて貸してくれたのか。

缶を見た感じの感想は、もっとこう、内側からボコボコに膨れていると思ってましたが、割と普通な感じ(まだ早かったのかもしれない)。意外と毒気の無いオレンジ色の缶詰でした。

開けた時はガスと汁が飛び出し、あまりの臭さで失神する場合もあるらしく、被害を考え、近くの川岸で開封することに。
付け合せのポテトサラダとスライスしたトマト。食べる前に洗うつもりでお酒(部屋に転がしてあったスピリタス)を持参して向かいました。
最初は乗り気だったんですけど、なんかこう、開封が近づくとだんだん無口になり、なんだか執行の瞬間を待つ処刑受刑者のような気分になってきます。

だらだら書くのもあれですので、さっさと書いてしまうと、ものすごい臭かったです。
なんというか、生ゴミと、ドブスと、ひどい口臭の臭いを混ぜたような感じで。2mほど離れていてもせきこんだくらいなので、開けた本人は相当ひどかったようですね。
ええ、はい。

臭すぎて缶を川に落とすぐらいに。

人間って本能的に危険物を遠くへ飛ばす性質あるんですかね。「もがぁ!」とか叫びながら手で叩いて飛ばしてました。水面にぼっちゃーん。

さすがに拾って食べるわけにもいかず、川の中の生物に謝罪して、缶詰を見送りました。
なんかこう、芸人じゃないくせに芸人の真似をしてグダグダになる感じです。せめて一口でも食べていればもっとネタになったものを。

とりあえずコンビにで花火を買ってきて、ポテトサラダを食べながら花火してました。
成人男性三人で何やってんだろ。
なんにしても臭いだけは強烈でした。思い出したくもありません。

思いつきで何かするとろくな結果になりませんね。やれやれ。

2009.09.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

動きのつけづらい三人だけども

久々に3バカの真面目絵を描こうと思ったものの、ワイルドがなんだか上手くいかず。
人間の輪郭してないから、微妙に描きにくいんですよね、この狼男。見た目は猫系ですけど。もっとジャラジャラ鎖を描きたいなぁ
あとはやっぱりザンビアさんの後ろ髪が描きにくいや。
アニメでも謎構造なんですよね。描く人によってシルエットも違いますし。
3世はマントのせいで楽な反面、さっぱりしすぎるきらいもありますし。
やっぱりもっと構図で遊んだ方が映えるんでしょうね、この三人は。うーん。

テーマ:ゲゲゲの鬼太郎 - ジャンル:アニメ・コミック

2009.09.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | ゲゲゲの鬼太郎

妙に眠い日々

夏の忙殺期が終わったと思ったら、間髪をいれずに秋の忙殺期に突入し、なんだかなぁ、と思いながら過ごしております。
お医者さんは日曜日も開業してくれないと耳の薬ももらえに行けませんよ、まったく。

絵もなんとなくラフまでで嫌になる状態。なんかいろいろ調子狂ってるなあ。
これも描きかけで没
いや、だらけてるだけか。

2009.09.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

人違いで刺されたり

なんか分かりませんが冬虫夏草に寄生されるという微妙な夢を見ました。
将来の夢は高級漢方です。みたいな感じで。

でもあれですね。夢の中では頭から一本だけ生えてたからギャグみたいな感じでしたけど、実際に死体の全身から発生してたら相当ホラーなビジュアルですよね。

自分が死ぬ時は、どうせならコミカルに死にたいと思ってます。

2009.09.04 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

ジョージとかアシハナとか

昨日からくりサーカスの話をしたらリクエストをもらったパウルマン先生とアンゼルムスの12巻コンビ。
なぜよりにもよってこの二人か
たしかにこの二人のインパクトはすごかった
余談ですがからくりサーカスの後半でやや不満だったのは、長く出ていたキャラが、ぽっと出のキャラと相打ちしてリタイアしていくところでしょうか。
勝の活躍がもう少し分散されてたら良かったのになあ、と少し思ったりします。

2009.09.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

連載時のピークはサハラ編な感じ

なぜか久々に藤田和日郎氏のからくりサーカスを読みふけってました。
連載当時は後半のインフレとか展開のグダグダ感に批判がありましたけど、単行本でまとめて読むと一気に加速する感じで気にならないもんですね。
終了前後は評価も低迷してましたが、後にまとめ読みした人の感想は概ね良好で、作品の評価も持ち直した感じがしますが、実際はどうなんでしょうね。
黒賀村三姉妹のあたりの中だるみだけはちょっとアレですが。

気に入っているキャラは最古の四人。凶悪な存在として登場した割りに後半は愛嬌のあるキャラに移行してて好きでした。パンタローネが「かってに改造」でネタにされまくってたせいもあって妙に印象に残ってます。
最後の四人に比べて作者にも読者にも愛されてるキャラですよね。
pixivでドットーレだけ絵が少ないことに泣いた
そういえば最終話で勝が出会った二人の子供が、グリポンとコロンビーヌの生まれ変わった姿という解釈をどこかで見ましたが、それもいいな、なんて思いました。年齢的にムリがある気もしますが気にしない。

この作者の作品は長編も上手いですけど、短編も秀逸だと思うので、またちょくちょくと読みきりをどこかで描いてくれないかなぁ、と思ってたりします。
月光条例もしばらくは読まずに、まとまってから読もうかな。

2009.09.01 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

転丸

Author:転丸
カンブリア紀に生息。
体長は30cmほど。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。