スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

FE暁の女神:ワユさん

ワユさん描き直し。絵柄が安定していないせいか別人に見えます。
まあ、いつものことか。
もう少しタレ目の方が良かった
ゲームは3章の途中まで進行中。マスタークラウンも入ったし、さあ拠点でクラスチェンジするぞ、という場面でミカヤサイドに話が移って消化不良、という状態です。虎のラグズ怖ぇー。

スポンサーサイト

テーマ:ファイアーエムブレムシリーズ - ジャンル:ゲーム

2009.04.29 | | Comments(1) | Trackback(0) | ファイアーエムブレム

ふと疑問

横の新規コメント欄を見ていて思うのですが、やっぱりあれって卑猥な業者の書き込みがされやすい記事ってあるみたいですね。
こまめに消しているのですが、なんだか最近は「切り揃った前髪(以下略)」の記事にばかり業者コメントが残っているのが気になります。
特に変なキーワードも含まれていないと思うのですが、なぜなんだろう。うーむ。

2009.04.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

鬼太郎ファンの路頭はどこに

いまだ復活運動の続く鬼太郎5期。
でも実際問題、なんらかの形で復活ってどのくらい難しいものなのかなあ、とちょっと思ってみたり。

昔はドラクエのアベル伝説とか、地元限定ですけど赤ずきんチャチャ(途中できったら苦情が殺到して、続きを流す羽目になった)とか、あったんですけど、今は枠やお金の問題が当時よりシビアになっているし、難しそうですね。

映画のDVDあたりがなんとか起爆剤になってくれればなあ。

ストレートのザンビアさんも見てみたい

三世の髪の長さじゃパンチパーマで終わりそうな気もしますけどね

テーマ:ゲゲゲの鬼太郎 - ジャンル:アニメ・コミック

2009.04.26 | | Comments(3) | Trackback(0) | ゲゲゲの鬼太郎

なんか携帯を取り上げられて怒られた気がする

ワユさんを書き直しつつ暁の女神はぼちぼち進行中。
かなり面倒な上に後々育てる気が無いキャラばかりのため、あまり手をかけたくないMAPを一時間かけてそろそろクリアだなぁ、という場面でWiiのイジェクトボタンに足が当たってディスクを放り出されるというコントのような結末を迎えました。オウシット。

そして昨日は中学生くらいの妹(反抗期)がいるという設定の夢を見てヘラヘラしていたのか、朝起きたら敷布団の下に埋まってました。夜中にどんな動きしたんだろう、自分。

2009.04.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

久々にやると2部が面倒だったりする

なんか最近、FC2BLOGが重いですね。なぜだ。

さておき、しばしやっている暁の女神。一部のマップがNPCと敵が多すぎて、なかなか進まずにやきもきしたりしてます。うーん。
暁は蒼炎の純粋な続編ということで、従来のものと差別化を図りすぎている部分もあるのが難ですね。初プレイの時は楽しかったから、たぶんそれでいいんでしょうけど。


そしてサナキ様の次に描いてるはずのワユさん。おかしい。なんか違和感がある。首か、首がずれてるのか。
なんか変だなあ
ちょっとリハビリしてきます。

テーマ:ファイアーエムブレムシリーズ - ジャンル:ゲーム

2009.04.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | ファイアーエムブレム

ゲゲゲの女房

なんだか来年のNHK朝の連続ドラマに水木しげる氏の奥様の物語に決定したようで。
水木氏の自伝あたりでも触れられていますが、やはり戦争の物語がメインになりそうですね。

NHKで水木氏といえば、やはり思い出すのは「のんのんばあとおれ」。
アニメと実写を融合させた意欲作で、いろいろ思い出深く、好きなのですが、DVDにもビデオにもなっていないので、この際に関連商品として発売してくれないかな、と期待しているのですが、難しいかなぁ。

なんにせよせっかくの水木氏関連のドラマ。
5期再開の追い風になってくれれば、と思う人も多いのではないでしょうか。

うーん。劇場版DVDの発売までになんらかの情報が欲しいなあ。

2009.04.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

わりと意地っ張りだった自分

前のサイトで四コマをアップしていたサーバーを引き払うことにしたので、こっちに幾つか移そうと思ったわけですが…今見ると絵が下手すぎて持ってくる気がしませんでした。
特に当時は顔に十字のあたりをつけていなかったので、歪んでいて大変なことになってる感じです。

顔の十字はあまり重要性を感じずに長い間使ってなかったんですが、実際に引いてみると、顔のパーツの位置も安定しますし、割と必須なんですね、あれ。

自己流で突っ切るのもいいけど、そういう多くの人がやってる技法にはそれなりの意味があるものですし、意固地にならずに取り入れる方がいいんですよね。
割と当たり前のことをやらずに書いていた期間が長いので、今は後悔しています。

これから描く人は、マニュアル的な技法を素直に取り入れた方がいいですよ。本当に。

2009.04.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

鬼太郎二次創作小説:西洋妖怪、地獄進撃・下

ちょっと絵も文も荒れ気味。ふぁ…ファイアーエムブレムが全部悪いんじゃあ(最低)

カレンダーは人に見せてもらいましたが、絵を見て欲しくなりました。探してみようかな。
実際はどんな作戦だったんだろ
あるべきはずだった三世の活躍を見てみたい。
オトナアニメによると、あと半年分(26話)で終了だったみたいから、本当はすごい密度の濃い内容だったんでしょうね。もったいないなあ。


さて、そんな最終回への布石を自分なりにという、小説。
これで終了ですが、明らかに丁寧さが減って、進行に追われてる感じです。ふふふ。ペース配分を誤ったらこうなるんだよ。(汗)

とりあえず最後まで3バカひいきだけで突っ込みましたが、ご了承くださいませ。


【“鬼太郎二次創作小説:西洋妖怪、地獄進撃・下”の続きを読む】

テーマ:ゲゲゲの鬼太郎 - ジャンル:アニメ・コミック

2009.04.19 | | Comments(10) | Trackback(0) | ゲゲゲの鬼太郎

いつも午後六時~八時頃に出没

我が家の近所にある本屋の話なのですが、まあ、正確にはそこの駐車場の話。
そこはカレー屋やマンガ喫茶と共用していて、やや渾然としている感がある場所でして、いまいち管理管轄が曖昧なのか、無許可と思われるアンケート調査の人などが結構、したり顔でうろついていたりします。

私も三度ほど回答を求められたことがあるわけですが、一度目は頭髪に対し、将来への不安についてのアンケートでして、微妙にショックだった覚えがあります。(ハゲそうに見えたんかい)

二度目は合コンパーティーについてのアンケート。しかしてこの質問者、妙に滑舌が悪く、「拷問パーティーのアンケートについてご協力ください。」と言われた時はびびりました。拷問て。

三度目は先日、「あなたの神様を教えてください。」というもの。宗教関係者には見えなかったのですが、どっかの大学あたりのアンケートだったのですかね。ちなみに他の人の回答を記してある紙がチラリと見えたのですが、やはりカレー屋の駐車場を兼ねているせいなのか「カレーを作った人」とか書かれていました。いいんかそれで。
私個人は「物質としては太陽。概念としては統計学(※半分皮肉)。」と答えたら微妙な顔で笑ってました。

あういう人たちって、どんな回答を欲しがっているんでしょうね。

2009.04.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

残念ながら私は元気に生きています

ぼちぼち見てます「とある魔術の禁書目録」。
見てて思ったのですが、外観が幼い教師ってのも、最近は結構お約束になりつつありますね。(きらら系の4コマだと特に)

さて、教師といえば、私が小学生の頃、やたらと叱ってきた先生が一人います。それも愛情のある叱り方ではなく、完全に毛嫌いした感じでした。
しばしの間はそれが不思議だったのですが、卒業後、しばらくしてから思い当たったのは、夏休みの事故です。夏季開放されていたプールに飛び込み、頭を12針ほど縫う大怪我をしたのですが、その際の監視役をしていたのが、その先生だったのだと気付きました。
プールに溢れている子供達を完全に監視することは不可能に近いと思いますが、私の事故が原因で、教頭先生あたりに相当に怒られたのでしょうか。
自分が大人になった今となっては、悪いことをしたなあ、と申し訳ない感じがします。

ちなみに卒業しばらく経ってから、プールで飛び込んで死んだ生徒が、夜な夜な、自分の脳みそを拾い集めている、という、明らかに私を揶揄した七不思議が学校に生まれたと聞きましたが、それもあの先生が作った話だとすれば、合点がいく気がします。
死ねば良かったのに、とでも思われてたんですかね。


今もまだ、恨んでおられるのかなあ。(しみじみ)

(追記:やや嫌なニュアンスで書いてしまいました。たぶん実際は、互いにあんま気にしてないんでしょうけどね。)

2009.04.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

改変で笑えるマンガって素敵だと思う

先日の能力ラブコメですが、pixivあたりで企画立ててキャラ募集しようかな、と企んでみたり。少しこねてみようかな。

そういえば以前、似たような感じで、るろうに剣心あたりでラブコメをやったらどうなるか、とか考えたものです。
ヒロイン1→縁さん改変。主人公のことを24時間思うあまり、神経が眠ることなく肥大化、狂系脈となって顔に浮かんでいる。告白で海を割る。
ヒロイン2→宋次郎改変。最初からテンションマックスで恋に落ちる「縮地」の使い手。
ヒロイン3→安慈改変。山にこもった修行の末、告白の返事を聞く前にもう一度告白することで相手の抵抗を0にして直接真心を叩き込む「二重の極み」の使い手となる。
一例だとこんな感じでしょうか。うん。わけわからん。

しかし昔から考えてること変わってないなぁ。自分。

2009.04.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

非常に出オチっぽいとも思う

最近、能力バトル物が多すぎだよね、とかよく聞きます。
ジョジョやらブギーポップやら、草分け的な作品の影響か、確かに最近はキャラが特定の能力を持ち、その長所短所を踏まえたルールの中、強弱ではない駆け引きで勝敗を決するものが多いですね。

電流を神経に通して反応速度の強化やら、条件下で相手の認識下から外れるやら、そんな特殊能力に「神の見えざる手(ゴッドインヒズヘヴン)」とか「近づく終末(カウントダウン)」とかの、素敵なルビの打ってあるネーミングが伴う感じですね。

もういっそ、ここに学園ラブコメを加えてはどうかと思うのですよ。
いや、これだけでは既存の作品と勘違いされますし、説明不足ですね。

能力を駆使してラブコメすればいいじゃない。

シナプスに電流を通すことで神経を極限まで肥大化し、全身が脈打つ姿で一瞬で相手の背後に回りこみ、超高速で告白したり、空間断裂を応用した超加速法を会得、音速の30倍でパンをくわえて曲がり角で転校生とぶつかったり、相手の意識下に働きかけて、恋敵から告白するという概念を削り取ったり、帰り道を一緒に帰るために片想いの異性を異空間に引きずり込んだり、そういう異能の告白合戦をするわけですよ。
これならどんな中二病全開な能力でも、恥ずかしがらずに出せるぞ、という感じですね。

そんなことを友人に言ってたら、「らんま1/2がすでに通った道だ。」と感想をいただきました。そういえばそーか。

今までに無いものを作るって、やはり難しいことなんだなぁ、と再認識。
能力バトルに変わる、新機軸のジャンルもなかなか生まれないんでしょうね。

2009.04.15 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

FE暁の女神:イレースさん

久々に暁の女神をプレイ中。っていうかFEシリーズは気晴らしのつもりで始めるもんじゃないですね。貴重な日曜が剛速球で過ぎていきました。ああん。

なんか描いてて上手く行かないなあ、と思ったイレースさん。
まともに描くの初めてだったな、そういえば。(サナキ様のマンガでディフォルメで何度か出てますけど)
もうちょっと顎を引けば良かったか

しかし暁って特定のボタン同時押しでソフトリセット無かったんですね。(蒼炎まではだいたい用意されてる)
故意か否かは分かりませんが、こういう瑣末な部分でも、ファンがこの作品に対して評価が厳しくなってる要因のような気がします。
新暗黒竜でも批判意見は結構あったようですが、なかなか次回作が発表されない原因でもあるのですかね。

まあこういうこと言ってたら、数日後にポッカリ発表とかするんですけどね。しないかな。すればいいなあ。さっさとしろ。ヽ(`Д´)ノ

テーマ:ファイアーエムブレムシリーズ - ジャンル:ゲーム

2009.04.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | ファイアーエムブレム

鬼太郎二次創作小説:西洋妖怪、地獄進撃・中

鬼太郎の無い日曜日二回目。やっぱり九時前に目が覚める自分。去年の秋頃から土曜に休みが一度も無くて、日曜日は鬼太郎に合わせて起きてたので、すっかり休日に昼まで寝る習慣が無くなったみたいです。うーん。

案外ザンビアが変わってなくて三世とワイルドが顔変わってますな


時間が無くて、うどんげのパンツを描いてる場合じゃ無かったらしい。
ごめんなさい。まあいいや。(よくないよ)



そして以下の小説は先週の続き。
大勢を動かすのは苦手なことが思い切り露呈してます。それと皆様の性格が全然違うのも気になりますね。二次創作は踏まえるものが多くて、やっぱ難しいと思います。ちゃんと描けてる人はすごいなあ。

そんなわけで例によって、広い心で読んでいただければ幸いです。


【“鬼太郎二次創作小説:西洋妖怪、地獄進撃・中”の続きを読む】

テーマ:ゲゲゲの鬼太郎 - ジャンル:アニメ・コミック

2009.04.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | ゲゲゲの鬼太郎

てーゐ!

7日の日記にあったうどんげてゐの絵の仕上がりはかのように。
ちなみに水彩は試しに塗ってみたけど上手くいかず、塗りなおしました。何枚か同じように練習していけば見られるようになるかな?

背景にトーン貼って誤魔化してしまった…

線をもう少し繊細に見せる方法はないものかな。

テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

2009.04.10 | | Comments(0) | Trackback(0) |

たとえば高速道路のPAで一泊したりね

知人が会社の寮から出なければならなくなったそうで、車上生活に移ったとのこと。
しょげてないかな、と電話をしてみました。
「いっやー。後ろの座席取っ払ったら結構広くってさー。かさばるものも実家に置いてきたし、キャンプみたいでわくわくしてきてよ。」

なんで楽しそうなんだ。

まあ、実家もあるし、飽きたら帰るんでしょうね。たぶん夏ごろには暑さに負けてやめるでしょうし。

かくいう私も何か無性にキャンピングカーが欲しかった時代もありまして、なんか冒険に出るような高揚感があるんですかね。彼の気持ちもちょっと分かります。

最近は軽自動車のキャンピングカーもあるようで、そういうものを使って遠出することを想像すると結構、わくわくします。

思いっきりインドア派なのにねえ。

2009.04.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

白色を塗るのも結構苦手

この前の鬼太郎に出てきた文車妖妃(幼女バージョン)がとある魔術の禁書目録に出てくるインデックスさんに似ていると聞いたので、ぼちぼち友人に借りてきて見ております。(今更かい)

絵を見ただけだと特に思わなかったんですけど、実際に動いてすそを引きずってたりするの見ると、確かに似てますね。うーん。フードって描くの苦手なのが残念だ。
現在は三話目まで見ましたが、だらだら見ていくとしようかな。

2009.04.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

いったいいつまで迷い路の中なのか

今までの塗り方を通すか、水彩で淡い感じの塗り方を目指すか、ちょっと迷ってしまい、少し手が止まってます。
本当は水彩で綺麗に塗りたいんですけどね
今の自分の塗り方もある程度は個性あるし、嫌いなわけじゃないんですけどね。

2009.04.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

鬼太郎二次創作小説:西洋妖怪、地獄進撃・上

鬼太郎の放映を終えた初めての日曜日。せっかくだししっかり寝てやろうと思いましたが、9時直前にパッチリと目が覚めました。一年以上もあの番組に合わせて起きてきたから、体が習慣づいたのですかね。さすがだ。

さて、続きはいつの日か…と思いながら、恒例の3バカ。
タイトルは友人の案で変わりました。別に意味ないですけど。
即、目的を忘れる三人
あ、ドラキュラのマントの紐を描き忘れてる。まあいいや。


ついでにもう一つ、先週にも言いましたが、西洋妖怪決着編の小説を独自で書いているので、掲載してみます。暇な人だけでも読んでみていただければ重畳。まだ上編ですけど。

一応書く時点でのルールとして
○47士が揃った後の話
○バックベアードなどの設定は独自解釈(原作とはあえて違わせてあります)
○鬼太郎ではなく、西洋妖怪が主役
○3バカに補正がついて強化済み
ですので、大らかな気持ちで読んでくださいませ。


【“鬼太郎二次創作小説:西洋妖怪、地獄進撃・上”の続きを読む】

テーマ:ゲゲゲの鬼太郎 - ジャンル:アニメ・コミック

2009.04.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | ゲゲゲの鬼太郎

Pixiaも少し気になってます

結局、ヴァーチャルボーイは先日の友人宅へ引き取られていきました。めでたしめでたし。
っていうか、最初からこうなるように当て馬にされた気がします。うん。なんでもいいけど。

最近はSAIのガイドブックとかを買って、少しお勉強中。
私が塗る際にメインで使っていた水彩筆の使い方が全然違っていて、軽くショックを受けています。
あれってアニメ塗りした色の境界線をぼかすためのものじゃなかったんだ…(名前で気づけよ)

しばらく実験的に変な絵を描いてはいろいろ塗ってみようかなぁ、とか思ってみたり。
たぶん大して変わらずに終わるんだろうなあ。

2009.04.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

擬人化ヴァーチャルボーイ

眠くて集中できないくせに、SAIの塗り方をいろいろ試しながら塗ったら大変グダグダな感じになりました。
なんかもう死んだ方がマシなレベルに。
そもそもこれのどこがヴァーチャルボーイなんだと言われたら答えられませんね。前みたいにSDにしとけば良かった。
読本みたいなものも買ったし、たまにはちゃんと技術を吸収しようかなぁ、と思ってみたり。
これはひどい
ちなみにヴァーチャルボーイのソフトを持ってる人に「なんかくれ」と言ってみたところ、「最近壊れたから、本体と交換ならいいよ。」と言われました。
どうしたもんやら。

2009.04.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

仮想少年

三月三十一日が誕生日だったので、友人から誕生日プレゼントが届きました。
別に気を使わなくてもいいのに。しかし意外と大きい箱だなあ、などと思いながら開封。

中からはヴァーチャルボーイが。

う、うわああああ

ちくしょう。相手の誕生日の時に女装セットを送ったのを根に持ってやがったのか。

ソフトが一本も付いてないし。

擬人化でもしてやろうと思いましたが、そんな日に限って仕事を持ち帰っていて、絵を描く暇がないのはご愛嬌。まあ明日にでも。

そういえばヴァーチャルボーイは余りの売れ行きの悪さに小売店を何軒か閉店に追い込んだ悪魔のゲームハードと聞いたことがあります。ゲームメーカーはどんなにひどいハードやゲームソフトを製作しても、小売に謝る、ということはしないみたいですが、さすがにこの時と、後のバンダイのガンダム一年戦争の時だけは、その被害の大きさに頭を下げたみたいですね。
なんかそう考えると、怨念のこもったゲーム機に思えてきますね。
神社にでも持っていこうかな。

2009.04.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

署名ってどれだけ効果あるんでしょうね

ようやく手の傷もあらかた癒えまして、存分に右手を振り回しております。
まあ、抗生物質塗った時点で、ほとんど痛み無くなるので、さほど不便でも無かったんですけどね。

話題変わって。
鬼太郎の終了、やはりそれなりに反響があるようですね。
ネット住民あたりは相当前から知っていて署名などの行動していたのですが、いかんせんドラゴンボール開始の告知はしていたものの、テレビでは鬼太郎の終了について一切触れていなかった不親切な状態。
本編は本編でいつもの調子で淡々と進んだため、エンディングのナレーションを聞いて愕然とした子供も多い気がします。(知り合いのお子さんもそんな感じだったらしい)

アニメもなんだかんだと産業。スポンサーの利益との折り合いがつかなければ、どれだけ人気があっても打ち切られたり、散々な内容変更にさらされるのがオチというものです。
製作にお金がかかる以上、作品は作り手のものでも、受け手のものでもなく、お金を出している人のものなんだなあ、と再実感しますね。やはり釈然としませんけど。

あまり考えると、どんどん妙な気分になってきますね。やめとこ。

そういえばきのこの山とたけのこの里。きのこの山の方が、支持者の平均年齢が高いそうで。
ふふふ。きのこの山は渋い渋い大人の味なのさ。(なに言ってんだ)

2009.04.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

転丸

Author:転丸
カンブリア紀に生息。
体長は30cmほど。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。