スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

本日の鬼太郎:妖怪城でさえ、鬼太郎食べるのは死亡フラグらしい

本日の鬼太郎は妖怪城との戦い再び。

出だしから妖怪タンコロリが襲われ、妖怪城に吸い込まれる場面から。
助けようと駆けつけた黒鴉達や鬼太郎達も、完全に覚醒した妖怪城に圧倒され、あざ笑うぬらりひょんに逃げられてしまうという状態。
っていうか「無敵妖怪城」という名前はどうかと思います。
あと、蛇骨婆と窮鼠にもテロップだしたれよ。

さておき、城の中では宴会を開き、襲撃をかける妖怪の選別をしたねずみ男へと、鬼太郎を倒す切り札があるとちらつかせるぬらりひょん。最近出番がないと思ったら、今回はずいぶん用意周到な感じですね。
花嫁装束を着た謎の妖怪に驚くねずみ男はここで画面暗転。たぶんこの時に気絶させられ、捕獲庫へ放り込まれたのではないでしょうか。

そして鬼太郎は体勢を整え、現在までに覚醒している47士で、合流できるメンバーを引き下げて再度妖怪城への突入を敢行。
かまいたちや朱の盆をネコ娘やぬりかべたちが引き受け、鬼太郎は城の中へと特攻をかけます。

そして登場したのはぬらりひょんの切り札。たぶん(母親を救えなかった負い目やらなにやらで)鬼太郎が一番気にかけているアマミ一族のミウが操られた状態で再登場。

今回の作画監督は八島さん。この人は自分の担当回はほぼ一人で原画を請け負っている人で、独特のディフォルメをかけるため、賛否両論を聞いたりするのですが、私的には可愛らしく、表情をコロコロ変えるので、4期の頃から結構好きな人だったりします。

でも今回のミウの顔はケバかった。

顔はさておき、実はアマミ一族は幽霊族なみに強かったんだよ、と説明されて攻撃できない鬼太郎を一方的にボコボコにしていきます。
か…カイもやっぱ強いのか?

ここで鬼太郎の過去が挿入。幽霊族の力が暴走し、村一つを廃墟にしてしまった鬼太郎を止めたは、蒼坊主。自分の力におびえる鬼太郎に、蒼坊主が、ちゃんと自分が止めてやる、と言い切ります。
鬼太郎が蒼坊主を慕うのは、単に兄貴分だから、という理由だけじゃなかったようですね。

今度は自分が誰かを助ける番だと、懸命にミウを元に戻そうとする鬼太郎。その想いが通じかけた瞬間に、ぬらりひょんの刃が鬼太郎をえぐります。
今回は本当に用意周到だなあ、と思っていましたが、生きたまま妖怪城に与えた部分はやはりツメが甘い感じですね。
城の中へわってはいった蒼坊主がミウを助け、目を覚ましたミウは鬼太郎を助けるために妖怪城の妖怪捕獲庫へ。彼女の献身的な妖力に呼応し、捕らわれていた妖怪達も次々に47士として覚醒。

久々に地獄の炎を呼び寄せ、室内で獄炎乱舞を発動。
みんな焼けないのか?これ。

ともかく、これで妖怪城は撃沈。
個人的には妖怪城はぬらりひょん陣営の切り札としてずっと出てくると思っていたので、これは意外でした。
妖怪城から可愛らしい声で父上と呼ばれていたぬらりひょん。

「…僕はどうなるの?」
「心配するな。お前はまた蘇る、しばらく眠り、体を癒しておれ。」
「…しばらくっていつまで?」
「そうさな。大人になるまで…かな。」

妖怪城を利用できるから可愛い、と言っていたのだと思っていたのですが、ここのやりとりを見るに、ちゃんと愛情も感じていたみたいですね。5期のぬらりひょんは時折、人情的な部分を覗かせますが、そのあたりがベアード様のように徹底的な悪になれない部分なのかもしれませんね。

さておき、タンコロリン、なまはげ、座敷童子の三体(童子は二人で1セットだけど)が47士に覚醒。そろそろ追い込みで覚醒する妖怪が増えそうですね。

さて、この人たちの次の出番はいつかいな。
おおっと、ミウの腰のデザインが間違ってた

スポンサーサイト

テーマ:ゲゲゲの鬼太郎 - ジャンル:アニメ・コミック

2008.11.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ゲゲゲの鬼太郎

そろそろ年末進行で仕事がきっつくなってきた

相変わらずエクレアを探す日々なわけですが、どういうことか、本当に見つからなくて困っております。
お、おかしい。数日前までは当たり前のようにコンビニに売っていたのに。

腹いせにやたら巨大なシュークリームを食べた後、友人と大量のギョーザを食べに行きました。そのため、現在は死にかけております。今なら口からニンニクの波動砲が撃てそうです。人間としてどうなのかと。

そういえば人間ってなんで、お腹が痛くなると神様に謝り始めるんでしょうね。そのあたりに人類と宗教をつなぐ文化の叡智を紐解くことができるような気がします。ごめんなさい。適当に言ってます。

アホなこと言ってると、また鬼太郎を見逃しそうなので、さっさと寝ることにしましょう。
なんかいい夢見ないかなあ。

2008.11.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

とりあえずシュークリームは買ってきた。

なんだか急にエクレアが食べたい発作が起きたのですが、近所でエクレアが売ってなくて困っております。
もともとなかったコンビニはともかく、行き着けの店まで謎のシュークリームフェアをするためにエクレアを駆逐する始末。
なんだこれは。手の込んだ嫌がらせか。

最近はちょっと絵が描けないスランプみたいな状態に陥っているので、エクレア食べたら復活すると思ったんですけどねえ。うーん。言いがかりか。

2008.11.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

えーと…

塗り方を少し変えようと思ったら、変に意識したせいか、何がなんだか分からなくなってきました。
えーと、なんでしたっけ、これ。ゲシュタルト崩壊とかいうやつでしょうか。
助けてチキさん
なんかしばらく迷走しそうだなあ。

2008.11.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

どうしたFC2

拍手コメの方で一部の絵が消えていると教えていただいたので、なんとなくpixivと重複していないもので、主だったものだけ再掲載。
ついでに載せるつもりはなかったのですが、せっかくなので応募したマリアの全身図も。


pixivに上げて即消したという謎の絵

おい、誰だよこれ、似てねーぞ

うーん……

ついでなので別バージョン掲載

この絵の直後に出番が減ったという


背景は登場した章の牢屋

なんかもう、見事に背景の無い立ち絵ばっかですね。こんなんだから上手くならないんだろうなあ。反省。

2008.11.25 | | Comments(0) | Trackback(0) |

本日の鬼太郎:野に荒れる 寺へと続く 獣道

本日の鬼太郎は野寺坊のお話。
原作でもアニメの第一期でも登場はしていますが、何もしていないという謎の妖怪で、伝承としてさえ、その姿が鳥山石燕の「百鬼夜行・陽」に記されているだけという程度のあやふやな妖怪です。

さて本編。
いきなり鬼ねずコンビがまたどこかに遊びに行ったらしく、約束をすっぽかされたネコ娘の憤慨する場面から。

場面は変わって田舎の山中。妖怪クワガタを探しにきている二人。いつもは家で乾いたぞうきんのように萎れている鬼太郎ですが、今回は昆虫に興味がわいたのか、子供らしく活き活きした表情で山の中を歩いてます。相変わらず、ねずみ男と二人だと本当に楽しそうですね、この人。

しかして山にはショッピングモール開発の手が伸びており、壊されつつある自然に、やや危惧を覚える鬼太郎。宿泊先でも開発の話を聞き、何か思うところがあるような感じです。

一方、自分の満足のために開発を進めている開発主の家に訪れたのは、野寺坊の使いを名乗る、言葉をしゃべるカエル。工事を止めろという警告に、文字通りの冷水を浴びせて追い払いましたが、警告を無視した人間には報いがあるのが鬼太郎の常識。

それでも野寺坊は温厚に分類される妖怪のようですが、開発主が寺を壊すことで無理やり我を通そうとしたために、完全に怒りを買ってしまい、ハーメルンの笛吹きのように操られた子供達が夜中に失踪するという事件へと発展。

工事を中止して寺を建て直せ、という鬼太郎の助言も聞かず、さらに意地になる開発主ですが、ついには残された子供達までどんどんと失踪。
ねずみ男にたぶらかされ、野寺坊と直接話をつけようとした開発主は動物達と野寺坊に捕らえられ、寺の鐘の中へと入れられて火あぶりの刑にされそうに。ちょっとカイジの鉄板土下座を連想しました。利根川さん元気かなあ。(関係ない)

相変わらず、いつの間にか紛れ込むのが得意な鬼太郎。開発主を火あぶりにかけていた、操られている子供達の中からいきなり登場し、彼を救います。
しばらく熱い熱いと慌てる中、放置していたのは、やっぱり少し怒ってたんですかね。

鬼太郎にも怒りだし、音波攻撃を仕掛けてくる野寺坊。一度はこれに吹き飛ばされますが、鬼太郎になついていた妖怪クワガタがつれてきてくれた目玉の親父の助言で、鬼太郎も音波攻撃を返します。グラディウスのモアイをれ…いえ、なんでもないです。

ともかく、野寺坊は倒され、かけよる動物達。本当は行き場を失った動物達を保護し、廃寺で共に過ごす、気の良い妖怪なんでしょうね。残念ながら47士の紋章は光りませんでした。

こうして開発主も心を変え、寺の再建したようで、めでたしめでたし。申し訳なさそうに出てきたねずみ男も、やっぱり鬼太郎にあっさり許されてました。ネコ娘が見ていないと、本当にねずみ男に対して劇甘です。
まあ、今回は別に大したことしてないし、いいか。

そしてハウスへ帰った鬼太郎は一人で半キレのネコ娘に絡まれるというバッドエンドを迎えてました。山に二泊もしたようだし、その間ずっと怒りっぱなしだったんでしょうね。ネコ娘。
ネコ娘の持ってくる映画のチケットは、いつも甘ったるいラブストーリー。鬼太郎は開始五分で寝てしまい、いつもネコ娘の不興を買ってしまうようですね。今回も予告の方で途中で寝たことを告白してます。何やってんだ、こいつ。

そして今日の見所はぶっちゃけ予告。
いきなり雪女の葵が再登場していました。

今日の本編がぶっ飛んだ人は挙手してください

妖怪城で一騒動、という感じですかね。以前テレビマガジンに載っていた予告のあのキャラも出てくるようです。ついでに五人ほどまとめて47士が覚醒しそうですね。どうなりますことやら。


ザンビアよりワイルドの方がはまっている件
二話でスク水の話ふったのが三世だったこと忘れてた。
まあ三世だから多めに見てください。(ひどい)

テーマ:ゲゲゲの鬼太郎 - ジャンル:アニメ・コミック

2008.11.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | ゲゲゲの鬼太郎

二枚とも前に部分的にアップしたので貼り付けない


ファイアーエムブレムワールドで行われた公式のイラコン。マリアも送ったのですが、ジョルジュの方だけ載っけていただいてました。
正直言うと、骨格がおかしい上にわけわからんポーズとっているので、今は自分で直視に耐えない感じです。
一部、応募の無かったキャラが名簿で白黒になっており、なんか探偵マンガあたりの被害者みたいで笑いと哀愁を誘ってますね。

蒼炎&暁でもやってほしかったなーとか思います。もしくは今までの総合か。
掲載されたイラストを見ると、結構新規のファン層が入ってきてるみたいで、シリーズファンとしてはほっとしました。

紋章や聖戦以降のFEのリメイクに繋がればいいんですけどね。



すごいどうでもいいことなんですが先日、甥が「食べてすぐ寝ると豚になる」というのを聞き間違えたらしく、

「食べてすぐ寝ると仏陀になる

と口走っていて吹きました。悟りを開くと言うのか。

2008.11.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

昔は11時からせこせこネットしていた

光通信になってからというもの、電話もそのラインで使用しているため、いろいろと値段の算定が変わったとか。

母親「あー、安くなってるわね。」

自分「そういえば、なんかそんなこと言ってたかな。」

母親「工事の前まで請求書に書いてあった、なんとかホーダイっていうのも無くなってるし。」

今、なんて言った?

どうも電話線でネット接続していた時のテレホーダイの契約を切り忘れていたらしく、4年近く、無為に支払っていた模様。(一度でも請求書見ておけば気づいただろうけど)

電話線からADSLに切り替えた際にプロバイダから「こちらで必要な手続きは片付けますので」と言われたため、テレホーダイも契約解除されてたと思ってたのですが、確認くらいはしておくべきでしたね。

ネットゲームに知識の無いユーザーがオンラインゲームだと知らないまま購入し、店の説明のままに契約するも、何も分からずにすぐに放り出し、契約解除の方法を教えられていないためにアカウントがそのままになり、本人の知らないまま、延々と支払われ続けてるという某なんとかファンタジー11を思い出しました。
なんかそのお金で会社の危機を乗り切ったとかなんとか。

知人も最近になってドリームキャストでつないでた時のニフティーの契約がそのままになっていたと気づいて慌てて解除した、との話も聞きましたし、確認作業って必要ですね。企業側からすれば、教える義務なんてないですしね。

2008.11.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

預かる版権 守る責任

なんだかFEのチキさんが描きたくなったので人の絵を見ようとpixivで「チキ」で検索をかけたら、「夢の国へのチキンレース」というタグが引っかかり、ミッキーマ○スの絵が何枚も引っかかって吹きました。

著作権にうるさいと評判のディズ○ーですが、どこかで日本の支部が本部に気を使いすぎて、神経質になりすぎている、と聞いたこともあります。

少し前、ネット上でポケモンのお絵かき掲示板が多数つぶされたことがあったらしいのですが、それも任天堂から管理を預かっている小学館がつぶしてまわったとか。

どこまでが本当か分かりませんが、預かりものだから過剰に守る、というのは確かにありそうですね。
FEは少しばかり緩めにいておくれ、と自分勝手なことを思ってみるのでした。

2008.11.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

ファイアーエムブレム 暁の女神 サナキ様

昨日の線画にざくざく着色。
睡眠時間削りましたが、わりと短時間で塗り終えました。
なんかだんだん着色が濃くなってきてるなぁ…
わりとまともに描けたと思う
結構描いてるキャラですが、正直、自分で満足できた絵が一枚もないキャラでもあったり。
満足するまでは描き続けるんだろうなあ。

テーマ:ファイアーエムブレムシリーズ - ジャンル:ゲーム

2008.11.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | ファイアーエムブレム

描きかけサナキ様

サナキ様は線画の時点で毎回死にそうになります。ええ、まったく。
どうすれば可愛くかっこよく描けるのかな
最近ご無沙汰な感じですが、正直、このキャラを描くと自分の下手さを思い知るので、若干苦手意識が出来てたりします。
ちょっといろいろ考えすぎかなあ。

2008.11.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

本日の鬼太郎:子供のトラウマは小豆味

本日は小豆連合のお話。
第3期でも第4期でも三人そろっての登場でしたが、今回は小豆洗いが最初から横丁に住んでいるので、どんな話でしょうかね。

冒頭は饅頭を食べていた女の子の顔から小豆がポツリポツリと落ち、窓を開けてねずみ男が小豆をすくい、1円でそれを奪っていく場面から。代々この小豆が出てくるシーンは気持ち悪く、いろいろ子供達にトラウマを植えてきた気がします。

事件の黒幕は小豆の不作で困った小豆を愛する妖怪「小豆はかり」と「小豆ばばあ」の小豆連合。
同じように小豆の不作でへこんでいた小豆洗いは彼らを諌めようとしますが、小豆を差し出されるたびにほお擦りしたり、小豆の上に寝転がったり、なかなか説得に至れません。

っていうか小豆の愛し方がかなり間違ってないか。

く、食えよう!

駆けつけた鬼太郎によって小豆を取り上げられ、小豆洗いにも「一緒に他のやり方を探そう」と諌められる二人。とりあえず事件は解決。しかしこんな簡単に終わるはずもなく、時間もたっぷり残ってます。

そしてまさかの夜中に鬼太郎を襲撃。
悪性の小豆の煮汁をかけられた鬼太郎の全身からものすごい量の小豆が噴き出し、明け方にはゲゲゲハウスの下が小豆で埋まるほどの大惨事になってました。今年はこの量で十分じゃないか?と思えるほどの量ですが、それでも足りないらしいです。

小豆畑が生き返った、と聞いて喜んで走ってきた小豆洗いが見たものは小豆畑の真ん中で養分にされている鬼太郎の姿。
他の方法、と言ったものの、まさかこんな方法とは思わず、唖然とする小豆洗いは、怒ろうとして、逆に小豆と鬼太郎とどっちが大切かと問い詰められて言葉に詰まります。駆けつけたネコ娘達ものきなみ小豆のつるにつかまり、一緒に小豆の養分にされてしまうという展開に。

二週連続の触手攻めにあってますが、養分取られて顔がおばあちゃんみたいになってます。

鬼太郎のスタッフはマニアックだなあ。

この後、ついに怒った小豆洗いが実力を開放。仰々しく「小豆砲」などの技名を言っては小豆をぶつけあう、シュールな激戦の末、小豆はかりと小豆ばばあを追い詰め、けれども最後に拳を止める小豆洗い。
「お前達も、俺の大事なもんだ。」

ようやく心の通じそうになった小豆三妖怪ですが、ここで破壊の小豆、戦豆が暴走し、小豆連合まで捕まってしまいます。っていうか破壊の小豆ってなんだよ。

最後は小豆妖怪達の妖力を受け取り、鬼太郎の体内電気が炸裂。

「体内電気、小豆パワーーーー!」

よし、分かった。もう突っ込まない。

こうして戦豆は燃え上がり、小豆はかりと小豆ばばあは小豆洗いのお叱りを受けて円満終了…と、思いきや、ここで小豆洗いが47士に覚醒。後頭部にやたらでかでかと四七の漢字が浮かび上がりました。

前回は武器となるパーツに紋章が浮かび上がると考察しましたが、どうも開いてる部分に適当に出るみたいですね。要するに、開いた表面積の大きい場所、ということです。
雪女の葵が胸に発動したのは(以下略)


さて、今回の小豆連合。実は原作では三人とも出てきてますが、小豆洗い以外は名前が出てこないという、まるでモブのような扱いだったりします(小豆はかりは「のんのんばあとおれ」では目立ってますが)。

小豆洗いは小豆とぎとも言い、全国的につたわる、水辺で歌いながら小豆を洗っている妖怪。今までの鬼太郎を見ている人には「小豆洗おか、人とって食おか、シャリシャリ」の歌が耳に残っているかもしれません。歌で人を川におびき寄せ、引きずり落とす妖怪とも、女性の縁談に縁起の良い妖怪とも、死んだら動物が化けていた姿だの、いろいろ説話や物語を残す面白い妖怪。京極夏彦氏もいくつか手がけてますので、読んでみると面白いかもしれませんね。

逆に小豆はかりは伝承の少ない妖怪。麻布の武家屋敷に出没したとされてますが、小豆をまく音が聞こえるだけ、という話の他、やがて鍋や釜を持ち上げ、砂や石で人を埋め殺してしまう、という正反対の話が伝わったりしています。概念としてはポルターガイストに近い感じ。

小豆ばばあは一部の地方で小豆洗いの正体が婆さんだったとする説で、本来は別種の妖怪ではありません。

小豆洗いが47士になった関係で、後の二人もまだ出てくるかもしれないですね。さて、どうなることやら。

今日は事前にネタすら考えてなかったのでひどいやっつけ。いいのかこれで。
すでに鬼太郎関係なくなってきた
しょぼい女発言はザンビアさんが作中で言ったセリフであると、一応付け加えておきます。
っていうかホウキから降りて三人並ぶと、やっぱザンビアさん小さいよね。

テーマ:ゲゲゲの鬼太郎 - ジャンル:アニメ・コミック

2008.11.16 | | Comments(2) | Trackback(0) | ゲゲゲの鬼太郎

ゲゲゲの鬼太郎 魔女ザンビアさん9枚目

途中で放り投げた形となりましたが、どうも狙い通りにはいきませんでした。
なんかしょぼいのでpixivにもあげないでおこう
やっぱり基本的なデッサンが弱いと色塗ってから違和感に苦しめられますね。

ステンドグラスでベアード様はやってみたかったのですが、どうせならもっと遠景にすれば壮大になったような気がします。三人を固めすぎちゃったかな。
そのうちリトライしよ。

テーマ:ゲゲゲの鬼太郎 - ジャンル:アニメ・コミック

2008.11.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | ゲゲゲの鬼太郎

この人も地味に髪型が描きにくいんですけどね

なぜか3バカを塗る時の順番は決まっていて、ザンビアさんの次はドラキュラ三世。
どうせまた豪快にフィルタで補正するから、仕上がりは全然違う色になっている予定です。
アニメの絵を見てみたら顔が違いすぎて吹いた
この人は割と適当に描いてるので、毎回顔が変わりますが、気にしてはいけません。(ひどい)
体もほとんどマントでごまかせるしねえ。
でも本当はもっと面長だったらしい。(アニメの絵を見ながら)

次のワイルドは前回も苦労しただけあって今回も難産になりそうです。っつか、なってます。
なんかこの狼さんは描きやすい方法ないのかなぁ。

2008.11.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

中途半端に時間が無い

ザンビアさん。
例によって塗りかけですが、やっぱ帽子無いと違うキャラにしか見えませんな。
帽子は代わりにワイルドがかぶってます
うーん。髪型を描きやすくアレンジしていたせいだろうから、このあたりでアニメの髪型をちゃんと踏襲するように気を使おうかな。

すごいどうでもいいんですけど、ドラキュラ三世にはメガネが似合うと思う。
ワイルドは…なんだ…変身していない姿もどっかで出して欲しいなあ。
すごい美人だったらどうしよ。

もひとつどうでもいいんですけど、この前の階段落下で骨にヒビはいってました。
肩から落ちたはずなのに、なぜか腰。
ほとんど痛くないので支障は無いし、牛乳飲んでればすぐに治るかな。
皆様も階段で遊ぶのはやめましょう。(どの口が)

2008.11.13 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

東方:うどんげとてゐ

pixivで先にあげた絵ですが、結局こんな感じに。
竹の表面の凹凸とか草むらの緻密さが全然描けてないので、なんかもうひどい絵になっております。
てゐのにんじんに影を塗り忘れていることに今、気が付いた
しかし覆い焼きの処理を使えば木漏れ日は結構適当にやっても、それっぽく見えるもんですね。

ところでこの二人は竹やぶで手なんかつないで何してんだろ。(無責任すぎる)

テーマ:東方プロジェクト - ジャンル:ゲーム

2008.11.11 | | Comments(0) | Trackback(0) |

本日の鬼太郎:恵まれすぎて、何かを忘れる人々へ

本日はまた少し寝坊してOP前を見逃してしまいました。
まあたぶん、地方的か全国的か、とりあえず水不足になって、それを知ってか知らずか、鬼太郎達が温泉に向かって…という導入部だったと思いますのでよしとして。

今日の妖怪は赤舌。原作では妖怪ラリーの審判を勤めており、参加していたベアード様を一睨みでびびらせるという強豪扱いでしたが、今回は純粋に水の妖怪、という扱いですね。この人も一応1期~4期まで、毎回ポジションが違いますが、しっかり皆勤賞しております。

さて、本編。
OP後からですが、いきなり温泉がなくてションボリしている鬼太郎一行。どこからか現われたねずみ男の案内で、やや離れた場所にある温泉へ行くことへ。
ねずみ男は入らないのか?という問いかけに「俺、お風呂嫌いなの」とつれない答えのねずみ男。まあそれ以前にねずみ男は入ったら、お湯が一気に汚染されそうな気がしますけど。
ところでかわうそ、なんで服着たまま入ってんだ。

ところが温泉だと思ってたものは赤舌の下あごで、あっさりと飲み込まれる鬼太郎達。やっぱり罠でした。罠にはめたはずのねずみ男もアマビエの尻尾アタックで赤舌の口の中へと放り込まれました。

赤舌の体内で水分を奪われ、石にされていく鬼太郎達。5期お得意の体内電気で脱出を図るも、不純物の無い純粋な水は電気を通さないため、効果なく、水分をとられ、石にされて吐き出されます。なんかこう、直立姿勢でぽとっと落ちる姿は間抜けでした。

ちなみに先週の予告の時点で騒がれていたネコ娘の水着姿はこれで終了です。うん。予想通りだ。

本来は悪い妖怪ではない赤舌。かわうそとアマビエは赤舌を諌めようとするも、しまいには赤舌の棲家にまでホースを引っ張る人間に対して、水を大事にしていない、と怒りの襲撃。止めることもできず、赤舌は町に向かい、人を襲いはじめるのでした。

横丁のメンバーと協力して押さえ込もうとするも、アマビエと熊本代表を賭けて争っていた油すましをはじめ、次々に飲み込まれ、石にされていく住人達。
しょぼくれ、泣いてしまうアマビエ。
ここで鬼太郎のゲタに励まされ、アマビエは赤舌に立ち向かい、赤舌がただ怒りで暴れているだけだと一渇。
ここで、アマビエの涙によって蘇る鬼太郎。そして、アマビエの尻尾に覚醒する47士の紋章。
さっきねずみ男をぶっ飛ばした部分ですし、やはりその妖怪の攻撃や特性にそった部分に発動することが多いようですね。

雪女の葵が胸に発動してたのは、まあ、そういうことです。

アマビエの発射する海水によって通電するようになり、今度こそ体内電気をあびせて赤舌は撃沈。
人間のことをもう少しだけ信じてくれ、という鬼太郎の言葉に頷き、石にしていた人々を開放すると、赤舌の舌に47士の紋章が発動しました。やはりこのあたりは公式によって明かされてなかった方が、素直に驚けたのではないか、と思うとちょっと残念。

呼ばれれば助けにくる、との約束を残して赤舌は退散。
47士に選ばれたことで調子に乗って大喜びするアマビエを眺めつつ、終了となりました。

ちなみに赤舌は津軽の農村に現われて水争いを解決したこともあるとされる、黒い雲のような毛むくじゃらで爪のある妖怪。口の開閉で吉凶を司る、一種の羅刹神だったとする説もあります。
それほど伝承の多い妖怪ではありませんが、霊格は高かったようですね。

そして予告ではネコ娘が二週連続で触手攻撃されてました。このジャンル好きなんか、スタッフ。

そしていつもの。西洋妖怪に幸あれ。
ベアード様が4期サイズになってしまった
ベアード様の触手が海苔だった説。

テーマ:ゲゲゲの鬼太郎 - ジャンル:アニメ・コミック

2008.11.09 | | Comments(2) | Trackback(1) | ゲゲゲの鬼太郎

反対側に落ちるよりは良かったけど…

仕事で疲れた時、目の前に階段の手すりが。

おっと、そういえば先日読んだ小説で、手すりを滑り台のようにすべるシーンがあったなあ。

判断力が無くなっていたのか、童心に返ったのか、なんとなく小学生のようにそれに乗っかってみる。

角度45度は急過ぎた。

摩擦で手の表面が擦れ、思わず手を離す。

落下。階段から転がり落ちる自分。

ぎゃーー。

肩を強打しました。もう大リーグボールは投げられそうもありません。(ネタが古いよ)

皆様も童心に返る時はよく考えてから返りましょうね。

2008.11.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

たまに背景入れようとすると、途端に難航

兎2匹はとりあえず塗ったけど、背景どうしようかなー。
いろいろ未調整
収束点を意識するのはいいのですが、直立すぎても違和感があるのが自然物のお約束。
草木や天然の岩盤なんかの背景をささっと描ける人は格好いいなあ、と昔から思ってます。いえ、自分は綺麗な建築物も描けないんですけどね。


さて、話題は変わって個人趣味の、宇宙のお話。
最近、宇宙航空研究開発機構のX線天文衛星「すざく」が、50億光年離れた銀河団に3億度のガスの存在を捕らえたそうです。
観測史上最大の温度なわけですが、では実際に理論上の最高温度とは何度かご存知でしょうか。

答えを言ってしまえば、宇宙の中で到達しうる最大温度は60億度だそうです。(宇宙で最大のエネルギーを発するものが恒星の消失時であり、ニュートリノの拡散によって崩壊する限度がこの温度)

ただ、これはあくまで宇宙に存在する物質の上での数字ですので、そこから外れた、純粋に理論だけを追い求めた数字では温度の上限はないそうです。
物質の温度は分子の運動エネルギーによって決定されますが、運動エネルギーの上限とは、要するに光の速度となります。これを当てはめた場合の最高温度は3兆6000億度ですが、物質は光の速度に近づけば近づくほど質量を増すため、エネルギーも無限大に増大し、結局は温度も無限大に上がっていくそうです。



賢そうな話題ふってますが、アイザック・アシモフの科学エッセイからの引用ですので、あしからず。
私本人もよくわかってません。へへーんだ。

2008.11.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

ショートカットはいろいろ危険

先日から知人に借りて読んでるダイの大冒険ですが、実は子供の頃に中盤まで読んで以来、そこで止まっていたため、わりと新鮮な気分で読んでおります。ふむふむ。ハドラーとポップの人気が高い理由がわかったぞ。

な、わけですが、ふと見ると幾つかの巻が足りず、しかもわりとウィークポイントとなっている箇所。
知人に聞いてみると、なにやら友人と賭けをしたらしく、その内容が「大切なマンガの、重要な巻から相手に差し出していく」というものだったそうです。
つまり、お互いにクライマックスの場面が乗ったマンガの巻を脈絡も無く奪いあうわけですね。

誰が得するんだ、それ。

さすが、セールス電話をからかってやろうと「おっぱいがいっぱいじゃー」などと言っていたら、いつの間にか契約させられていた人は違いますね。
今も昔も何やってんでしょうか。

そんなわけで重要な場面の抜けたまま、精神衛生上よろしくないまま、マンガを読んでるのでした。
うーん。バーンがいきなり若くなってるぞ。

2008.11.06 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

沈んで浮かんで

久々に「ダイの大冒険」を読んでたら、久々にうどんげとてゐを描きたくなりました。(自分でも脈絡は不明)
線の太さをもう少し意識して調整しなきゃなあ。
すごいどうでも良い報告なのですが、先月に受けた資格試験は合格してました。
実は去年落ちてるので、あまりめでたくない二回目での合格。あら恥ずかしい。
手続き系が嫌いな自分としてはもう一ふんばり。うーん。面倒だなあ。

2008.11.05 | | Comments(3) | Trackback(0) | 未分類

本日の鬼太郎:境界線を踏み越えた憎悪は何かに似てくるらしい

今日の鬼太郎は針女と、それを倒そうとする妖怪ハンター(猟師)の話。
なかなか渋い話でして、猟師と悪鬼のようなフクロウとの戦いを描いた藤田和日郎氏の「邪眼は月輪に飛ぶ」を連想した人も多いのでは。

物語は山を侵しすぎ、針女に影を奪われた人々を救うという前提はありましたが、要は互いに互いへ固執してしまった針女と猟師の源さんの戦いの一話。

きっかけは領域戦争。しかし村人が片っ端から影を奪われ、夜に責め苦を受ける中、一人の猟師だけが影をすべて奪われることなく、山へ踏み込み、針女と戦っていました。

源さんの仕掛けたトラップにかかり、針女と遭遇し、影を奪われたネコ娘はここで離脱。
鬼太郎は人間が妖怪に勝つことはムチャだと言い、源さんも村へ帰るように言いますが、そもそも理屈で戦っていない源さんはそれを当然のように無視し、逆に鬼太郎を試すように針女の髪を切るように促します。

ここで何故か指鉄砲発射

髪の毛を剣にして切ればいいじゃん、という視聴者の突っ込みを無視して針女の髪は切れず、小屋の屋根だけに穴があくという状態。この直後に針女の襲撃を受けたのは絶対に鬼太郎のせいだと思います。

この後、ネズミ男を罠に捕まれ、鬼太郎は針女に捕まり、それを救うために源さんは針女の根城へと。長い戦いの日々に終止符を打とうと決意する両者。
人形を使った源さんのトラップに、同じ手で源さんを欺く針女。鬼太郎の機転で源さんは助かり、今度は煙幕弾で影をかき消し、針女の目をくらませるものの、針女は髪を張り巡らし、鬼太郎達を捕捉して攻撃してきます。
このあたりのやり取りはテンポもよく、見ててハラハラしました。うん。鬼太郎らしくない。

攻撃しようと光源である火に近づけば影は大きくなり、針女にとって攻撃しやすくなるものの、咄嗟に鬼太郎はちゃんちゃんこを広げて自分を隠す戦法に。しかし針女は自分に火を付け、光源を増やすことで鬼太郎を追い込みました。

捕らわれた鬼太郎はゲタを飛ばして源さんの左腕の影を縫いつけている針を飛ばし、源さんは自由になった腕で銃を突き出し、遂に針女の眉間に、彼女の針を溶かして作った弾丸を撃ち込みました。

「終わったんだな…源五郎」
「ああ、終わったんだ」
「私が、負けたのだな」
「ああ、お前が負けたんだ」

「お前は負けた…だが俺も山を降りる。山はお前のもんだ、針女。」

な、なんだこいつら、かっこいいぞ?!

針女は消滅し、縫いつけられていた影は人々の所へと。
ネコ娘の影も戻り、鬼太郎達は村を後にしますが、村人達はどこか寂しそうに山を眺めるのでした。


針女は水木しげる氏の編纂した妖怪の書で名前の出た妖怪で、本来は夜道で男に笑いかけ、髪の毛の先端のその針で男を捕まえ、攫っていくというもの。四国の方の妖怪ですが、他の書物ではほとんど見かけません。
今回の話では、なぜこれほど源さんとの戦いに執着するようになったのかは描かれていませんでしたが、逆にそこが余韻を残して良かった気もします。

視聴者の子供達はどういう解釈をしたのか分かりませんが、たまにはこういう話を挟んでくれれば、うれしいですね。源さんはいいキャラしてました。


そして最後にやっぱりいつもの。
ごめん三世。前回、髪の赤いの入れ忘れた
別に三世が嫌いなわけじゃないよ。

テーマ:ゲゲゲの鬼太郎 - ジャンル:アニメ・コミック

2008.11.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | ゲゲゲの鬼太郎

ゲゲゲの鬼太郎 ミウ

なんか今月中に再登場するみたいなので、せっかくだし一枚。

描いてみて初めてヒレがついてることに気が付いた

私の中ではバルモンドと対になってる感じのするキャラですが、一応また違うエピソードのキーキャラとなるようですね。ニ年目初登場。さあ、三年目に出番はあるのか(気が早いよ)

そういえば公式で47士が全員紹介されたとか。
並べてみるとやっぱ雪女の葵さんだけ浮いてるなあ。他の妖怪もそこそこ見せ場を作って覚醒すればいいんですけど、話数も足りなさそうだし、どうなることやら。

テーマ:ゲゲゲの鬼太郎 - ジャンル:アニメ・コミック

2008.11.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | ゲゲゲの鬼太郎

«  | HOME |  »

プロフィール

転丸

Author:転丸
カンブリア紀に生息。
体長は30cmほど。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。