スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ゲゲゲの鬼太郎 魔女ザンビア

最近、疲れていて日曜の朝は寝過ごすことが多いため、鬼太郎の見れない週が続いていましたが、どうも西洋妖怪としてザンビアなる魔法少女が登場したとのこと。

ふむふむ、調べてみると「つり目で巻き毛の悪辣とした少女」とのこと。

足元見られた気分です。

うわーい。全然似てなーい。
名前が覚えにくいのが難点ですな

(↑あまりにも似てなかったので差し替えました。後に書き直したのはこちら。

二週に渡って出ていたのに、すっかり見逃してしまい、想像で補うしかないわけですが、まあ後に引く終わり方だったようなので、また後で出てくるでしょう。

このキャラも一部で支持されているようですが、検索してもザンビア共和国に阻まれてなかなか探しづらかったものです。貧しくても元気そうな国民の写真が大量に検索結果に表示されました。あら素敵。

五期はDVD買う気なかったのですが、このキャラしだいでは、もしかしたらやばいことになるかもしれません。おおう。

スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2007.11.27 | | Comments(1) | Trackback(0) | ゲゲゲの鬼太郎

うおお…ドラクエⅣ、買っちゃった

年末期はお歳暮商戦のため、忙殺されるのでなるべく時間のかかるゲームは買わないでおこうと思っていたのに、買ってしまいました、ドラクエⅣ。

アリーナ描こうと思ったけど、なんとなく適当に勇者さん。
わあ、耳飾り、反対の耳だった

わぁい、シンシアの羽帽子、どんなのか想像できないや。


なんとなくEDの話にも触るので、以後の文は追記扱いするべきなのですが、このブログのいじり方が分からないので、そのまま書くとしましょう。エンディング見たことない人は今すぐ避難してください
( ̄A ̄)ソイヤッ



さて、ドラクエⅣといえば、ドラクエⅤとならんで、主人公が不幸なことで有名な作品。

RPGにしては珍しく行動派のボスキャラ、ピサロに村を襲撃され、育ての親や親切な村人は皆殺しにされ、幼馴染は主人公を守るために身代わりとなり、首を切り飛ばされて殺害されるという悲惨な開幕を迎えます。

その後、仲間を集め、地獄の帝王を打ち倒し、ピサロを滅ぼすという冒険を果たしますが、その後のエンディングで、廃墟となった故郷の花畑の中、剣と盾を落とし、ガクリと膝から座り込む彼の姿はあまりにも寂しいものでした。

勇者という役目を終え、ピサロへの復讐を果たした後、彼には何も残されていなかったのです。

その後、彼の前にあらわれるシンシアの姿には諸説ありますが、原作者の堀井雄二氏は「解釈は任せます、幻と思っても結構」と言われておりますので、私は幻であると解釈しました。
あれは復讐という最後の生きる理由を失った勇者の心が、新しく再生するために作られた幻覚ということにしておきましょう。(私の中では)

そんな経緯もあり、何かと議論を呼ぶ、PS版以降に追加された第六章において、シンシアではなくロザリーを生き返らせて、ピサロと和解するという不自然な勇者の行動ですが、私は「おまけとして許容はするけど、本編としては否定的」というスタンスですね。
私の中でのⅣの勇者の行動原理は世界を救うことでも、誰かの意思を告ぐことでもなく、あくまで復讐だと思っているからです。

自分達がピサロナイトを殺したために、ロザリーが死に、ピサロが絶望したことを夢の中で知った時、彼は何を思ったのでしょうね。

ちなみに6章は一度、デスピサロを滅ぼし、本来のエンディングを迎えた後にしか進めない章で、おまけとわりきることができるため、許容はしております。あしからず。

テーマ:ドラゴンクエスト - ジャンル:ゲーム

2007.11.24 | | Comments(2) | Trackback(0) | ゲームよもや話

擬人化PSP

結構前の話なのですが、PSPでアダルトUMDが解禁された際、PSPを擬人化した少女が「父に身売りされました…」と言いながら泣いているという、趣味の悪いを絵を描いたことがあります。

まあ、普通にそんなことは忘れていたのですが、実際に自分がPSPを買い、それなりにPSファミリーの中では奮闘している姿を見ている昨今、その絵が某所で引用されているのを見て、複雑な気分になりました。
( ̄A ̄)

そんなわけで、今、同じキャラを描くとしたらこんな感じかなあ、と。
服の色は新色のディープレッドで。

ずいぶん長くかかりましたが、DSに惨敗しながらも、PSPはPSPでカーナビソフトやプラネタリウムソフトなど、いろいろ面白い道筋を見つけたようですので、そこそこ応援しています。

まあ、故障せずに頑張っておくれ。

テーマ:イラスト - ジャンル:その他

2007.11.20 | | Comments(0) | Trackback(0) |

色塗りミクさん

しょうもない日記を毎日更新しても仕方ありませんので、色まで塗った絵を週一くらいで更新するブログに変更しようと思います。

とりあえず最初はリベンジの意味も含めて初音ミクさん。

よーし、今日も背景は手抜きだ


下手だとか才能がないとか言葉は、することしてから言うべきでしたね。よし、反省終了!

テーマ:初音ミク - ジャンル:コンピュータ

2007.11.18 | | Comments(0) | Trackback(0) |

初音さん家のミクちゃん

会社で落下してくる荷物を受け止めようとして、右手の骨にヒビが入ってしまいました。あいたたた。
ペンは持てるため、絵は描けるけども、消しゴムが使えないという微妙な状態。あれって結構、指の付け根に負担くるんですね。

さておき本題。流行を通り越してネット文化の一端に定着しつつある音楽ソフトの初音ミクさん。
本当はこの手の絵描き人口の多い絵は下手さが際立つので描かないようにしている(だからROの絵もほとんど描かなかった)のですが、手がいかれてることを言い訳に書いてしまえぃ。
こんな下手な絵で描かれても誰も嬉しくないだろうな


好きに歌わせることができるということで、興味はあるのですが、私の場合は音感が致命的なため、何をすることもできずに終ることは目に見えているため、手を出しようもありません。
音楽を作れる人や、奏でれる人は、純粋にすごいと思います。

ちなみに最初は髪型つかむためにこんな感じで描いてみたり。
相変わらず右向きばっかだなあ


音楽はダメなんだから、せめて絵だけでも、もっと高いレベルで参加したいなあ。

テーマ:初音ミク - ジャンル:コンピュータ

2007.11.15 | | Comments(2) | Trackback(0) | 自作マンガ

北千里氏は真サムライスピリッツのキャラ選択画面の頃からファンでした

ファイアーエムブレム「暁の女神」にはイラストレイターである北千里氏によるキャラ絵が用意されているものの、いまだそのほとんどが未発表となっております。

ゲームはおろか、攻略本にさえほとんど公開されず、多くのユーザーが過去の作品のように画集にして欲しい、との要望を送りました。

任天堂からは「その予定は、今のところありません」との、つれないお返事。

そのため、その態度を崩すべく、さらに多くの要望が送られました。
このたび、この努力が叶ったのか、ついにイラストギャラリーが用意されたのです。

日本では発売しない海外版の「暁の女神」のソフトの中に。

なんのいじめっすか、こりゃ。

テーマ:ファイアーエムブレムシリーズ - ジャンル:ゲーム

2007.11.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | ファイアーエムブレム

私の周辺のゲームハード破損状況

先日、ゲームキューブが壊れた、という話をしましたので、せっかくですので私の周辺人々のゲームハードの壊れたという話をまとめてみました。
別に他意はありませんので、あしからず。

○ファミコン
当然ながら持っている人は無数にいたわけですが、やはり昔の物ですので、端子が磨耗して、カートリッジの識別不良が起こるという末路がほとんどですね。普通に現存させている人は少ないかと。
コントローラーが取り外し不能なため、ボタンがへたれる確率も高いようですね。

○スーパーファミコン
古い機体ですが、意外と壊れてないようです。うちのも元気。

○メガドライブ
ぼこぼこ壊れたようですが、安かったため、ぼこぼこ買いなおされたようです。知り合いからもらったメガドラもいろいろ壊れてました。

○プレステ
私自身は持っていませんでしたが、だいたい持っている人は何らかの持病持ちだったようで。知人は何人か読み込み不良で横に転がしたり難儀してました。

○セガサターン
他人の物はどうか知りませんが、私の先日の日記の通り、壊れました。でも中の歯車抜いたら直りました。わけわからん。

○ニンテンドー64
そもそも持っている人はあまりいませんでしたが、壊れたという話は聞かなかったです。スティックが折れやすいとの噂ですが、知り合いで折れた人はいなかったかと。

○ドリームキャスト
コントローラーに挿すビジュアルメモリ経由とのことですが、故障は多かったようですね。知人もいろいろ壊れて困っていたようです。まあ、PSOあたりの読み込み過剰のせいだと思われますが。うちのは最後まで元気でした。っていうかまだ現役です。

○プレステ2
初代プレステと同じように持病持ちが多いですね。皆様持っていますが、皆様壊れてます。ちなみに、うちのプレステ2はこの三年間で稼働時間が100時間ほどですが、まだまだ元気。

○ゲームキューブ
これもあまり壊れたとは聞きませんが、我が家の1号機が稼働時間3000時間ほどでディスク読み込みに不備が出ました。たぶんドクターマリオのやりすぎです。

○初代Xボックス
何人か持っていますが、壊れたとは聞きませんね。頑丈なようです。

○Xボックス360
6人ほど知人が持っていますが、うち5人は壊れて、それぞれ修理したり、買いなおしたりしたようです。サポート対応は良かったそうな。

○Wii
なぜか360より持っている人が少ないです。誰も壊れたとは聞かず。

○プレステ3
サンプル数は0。誰か買え。

○ゲームボーイシリーズ
初代は場合によって画面に縦線が入ったりすることがあったようですが、GBA以降は壊れたという話は聞きません。稼働時間のわりに元気な奴です。

○ゲームギア
ボタンがへたれること多かったみたいですが、わりと頑丈。個人的にはゲームボーイより好きでした。

○ワンダースワン
これもなかなか元気。あんまりソフトでなかったけど、嫌いじゃないです。

○ネオジオポケット
数人ほど持っていますが、壊れたという話はありません。壊れるほどソフト出して欲しかったなあ…

○ニンテンドーDS
知人に持っている人は多いですが、やはり壊れたという話は聞きません。

○PSP
持っている人は多くありませんが、自分を含め、ネットの評判に反して壊れた人はいませんね。画素欠けはありましたが、使っているうちに消えました。
扱い方次第かと。

ちょっと長くなりましたが、以上のような感じですね。
まあ、使いつぶされるのもゲームの運命。使いつぶす前に埃をかぶるゲーム機より幸せなのかなあ、と撫でてみるのでした。
思い返していて、思い出をありがとう、という気分になりました。
なんだかいろいろあったもんだ。

2007.11.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | ゲームよもや話

ゲームハードのご臨終

我が家のゲームキューブが壊れました。

まあ、私はWiiあるから良いのですが、キューブは両親がドクターマリオをするために今に設置されてる必需品なので、どうしたものやら。

PSOの頃も壊れたという話を頻繁に聞きましたし、物理耐性が強いわりにはデーター読み込みのレンズ部が弱いようですね。

ちなみにゲームキューブの前に壊れたことのあるハードはサターンでして、中を空けたら歯車の軸が折れていたので、歯車ごと抜いたら治ったものです。あの歯車、何だったんだか。プレステは壊れるほど触ってないのが実情ですね。なむなむ。

さて、いつか次に壊れるのは一体なにかな?

2007.11.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | ゲームよもや話

私的燃えキャラ名鑑 ゲーム編2回目 アドン

さて、豪快に忘れていた燃えキャラ名鑑の二回目。

男キャラの扱いなんてこんなもんです。

ともかくストリートファイターZEROシリーズに登場する怪人・歯ぐきジャガーアドンさんです。

ええ、適当な絵ですいません。
ジャガージャガーうるさい人です


ストⅡシリーズではリュウのもう一人のライバルとして定着しているサガットさんの弟子で、特に悪いことはしていないのに、あまりにも人相が悪いせいか、マンガや二次創作などではことごとく悪役扱いされている悲劇の闘士です。
しまいにはゲームのドラマチックモードではベガや豪鬼やサガットといったボス系キャラと同様の扱いを受け、一般キャラの中では一人だけリュウケン二人にフルボッコにされたりね。こんちくしょう。

このアドンさん、相手の間合いの外から奇襲気味に飛び掛る意表をついた攻撃の使い手でして、使っていてもなかなか面白いキャラで、いつの間にか使用キャラになっていたものです。

サガットへは尊敬と憎悪の入り混じった感情があるようですが、それを倒すことで清算しようとする男らしいキャラクター。皆様もぜひ、じっくり腰をすえてプレイして欲しいキャラですね。

新作にはもう出てこないだろうけど。

2007.11.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 私的燃えキャラ名鑑

夜空のいなびかり

夜中に絵を描いていたら、家のごく近くに雷が落ちまして、さすがにびびりました。うおっ、怖ぇ。
北陸はわりと落雷が多く、県外からの来訪者はその余りの激しさに、大人の男性でも泣いてしまうぐらいだと聴きますが、現地民はわりと感覚も麻痺し、さほど気にもならないのですが、さすがに数十メートル以内に落ちてくると音の激しさのせいもあり、怖いものですね。

うちの家系は祖父の代に落雷が直撃して即死した身内もおりますし、そんな死に方は少し嫌だなあ、などと思いながら窓の向こうの雷を覗くのでした。

でもタイミングがあい、空を走り抜ける雷光をはっきりと見れた瞬間は、そのあまりの美しさに感動したりもしますね。

やっぱり自然はどうしようもなく大きなもんだ。

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

2007.11.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

あれはNHKの暴走だと思う

最近、短大時代にNHKの深夜枠で放映していた海外ドラマの「宇宙船レッド・ドワーフ号」を見直しております。

一回目は途中からだったのですが、再放送で初めから見なおして、ようやく話がつながった覚えがあります。この際、一応ビデオにおさめたわけですが、何度か取り逃したこともあり、もう一度放送しないかな、と思っていたのですが、どうも聞くところによるとNHKは二回分の契約料を版権元に払い、人気があれば三度目以降の契約料を払い、人気がなければ、契約が切れるギリギリの時期にまとめて再放送して消化する、という型式のようですね。

DVDのボックスも発売されたようですが、上巻が予定以上に売れたのか、下巻が大量に出荷され、下巻だけを抱えた難民が続出したという経緯があります。これをフォローするために再販がかかったわけですが、これが上下巻がセットにされた完全版でして、下巻がだぶるという容赦のなさ。何やりたいんだ、この販売会社。(アマゾンで上巻が買えるようになったみたいですが)

下ネタだらけで苦手な人もいるでしょうが、なかなか本格的なSF設定が詰め込まれており、昔は気づかなかった文明への風刺などが効いていることにも今更ながら気づかされるような作品となっております。
未見の人はどこかでチェックしてみてほしいですね。波長の合う人ならば、たぶん馬鹿笑いできます。

映画版の話もあったけど、どこにいったのかなあ。

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

2007.11.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

妖怪の総大将

皆様は妖怪の総大将といえば、誰を思い浮かべるでしょうか。
鬼太郎を見たことのある人ならば「ぬらりひょん」と言うかもしれませんが、これは鬼太郎の中での設定であり、実際にはいつの間にやら人の家にあがりこみ、当たり前のような顔でお茶を飲んでいるという妖怪だそうです。

元来、妖怪の総大将と呼ばれるのは「稲生物怪録」という書物に登場する「山本五郎左衛門」という、武士のような姿をした大妖怪だそうです。
「神野悪五郎」というライバルと魔王の座を奪い合っているとのことで、この二人は藤田和日朗氏の「うしおととら」にも西の長と東の長という呼ばれ名で出演しておりますね。

天狗として扱われることが多い山本さんですが、本人はそれを否定しているらしく、結局、どんな妖怪なのか不明だそうです。魔人というところですかね。

まあ謎の多い山本五郎左衛門さん。総大将のわりにそれほど知名度の無い人ですので、せっかくですから覚えておいてあげるのもいいかもしれませんね。鬼太郎に出ればいいんですけどね。

テーマ:妖怪 - ジャンル:サブカル

2007.11.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

我が地方の萌え伝説

私の住む石川県には、生首のひょろひょろ飛ぶ妖怪伝説だの、出奔した男性が妻の枕元に立ち、お菓子の作り方を教えたという天狗伝説だの、芋を掘ったら砂金がついてて長者になったという芋ほり伝説だの、いまいち微妙な伝説が多い地方です。

も、もっとこう、他の地方が羨ましがる伝承があってもいいじゃないか!などと思って調べてみたわけですが、なんだか能登半島の方に、鬼を討伐したという伝説があるようですね。ふむふむ。

とはいえ、酒呑童子や茨木童子、羅生門の鬼のような有名で強そうな方々とは違い、どうも角をもった猿のような鬼で、そのまま猿鬼と呼ばれる、微妙な珍獣だったようです。

さて、これを討伐したのは神杉姫という人で、猿鬼の悪行に胸を痛め、これを退治することを誓った優しい女性です。

萌えキャラということにしておきましょう。

さて、この萌えキャラ神杉姫、ちょうど猿鬼が病気になったらしく、大喜びして弓を構えて狩りにいきます。

腹黒い萌えキャラのようです。

ところが猿鬼に矢が通じず、しぶしぶと引き返して、気多大明神という神様に助けを求めます。そんなわけで二人で協力して再度退治に出かけますが、それでも矢も剣も通じません。これは困った、としょげる二人ですが、村人に話を聞くと、猿鬼は体に漆を塗っているから刃物が通じないのだろう、と教えられます。なんかRPGみたいですね。

そして目にまで漆は塗っていないだろうから、目を狙おう、と思いつき、毒を塗りこんだ矢を目に当て、神杉姫はついに猿鬼を打ち倒すのでした。

気多大明神は何をしにきたのか分かりません。

さて、この神杉姫は矢に毒を塗ったわけですが、なかなか用心深い性格のようで、本来は致死量の毒が一種類塗ってあれば充分な気もしますが、

千種類も塗りこんでいます。

これを食らった猿鬼は倒れて、川が真っ黒に染まるほどの血を流したと伝えられていますが、毒の作用で内部から爆発でもしたのでしょうか。( ̄▽ ̄;)怖いよー
我が地方にそれだけ大量の毒が存在したことにも驚きますが、なんだか普通に神杉姫のオーバーキル思考にドン引きです。


そんなわけで我が地方には病弱した敵に二度も襲撃をかけ、千種類もの毒を塗った矢を目に突き刺し、血を撒き散らしながら鬼を死においやった萌えキャラの伝説が残っているわけですね。

どうしよう。全然うれしくない。


余談ですが信長の野望オンラインというネットゲームの能登地方にしっかりと猿鬼が出現し、たまに「神杉姫の矢」というアイテムを落とすようですね。返り討ちにでもあったんでしょうかね。

テーマ:妖怪 - ジャンル:サブカル

2007.11.07 | | Comments(4) | Trackback(0) | 未分類

妖怪のいる町を巡り歩いてみたい

本屋に足を運んで発見したのですが、日本妖怪大百科なんてファイルマガジンが発売されていたのですね。(ディアゴスティーニみたいなやつ)

思わず買ったものの、内容は妖怪マニアの著名人で紙面を埋め、実写版鬼太郎やどろろの映画を名作だと持ち上げているような微妙な内容でした。
まあ、好きだから買いますけど。(全十冊というのもお手軽だし)


いつかまとまった時間がとれたら、岩手県だの妖怪で有名な地方を巡り、いろいろ撮影してきたいものですね。誰か同行者いないかな。

どうでもいいけどうちの地方に伝わる妖怪は「大首」という、空を飛ぶ巨大な生首だそうです。
もっと可愛げのある妖怪はおらんのかね。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

2007.11.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

謎のアイテム ミ・カン

相変わらず、ぼちぼち遊んでおりますPSU。

いまだバランス調整がはいらず、野良部屋では入室お断り状態となっているFTですが、まあ友人達と遊ぶ上では気楽なもの。
31以上に育てたテクで他人のグラボに負担をかけつつグルグルしております。

さて、一時期、キノコだらけにされていた私の部屋は現在どうなっているかといいますと…


見えない部分にはもっとある
みかんだらけ


柑橘類臭くてたまりません。菌類よりいいけどさ。

テーマ:ファンタシースターユニバース - ジャンル:オンラインゲーム

2007.11.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | PSU

日曜日に届くらしい。

買おうかどうか迷ってると言っていたヴァンパイアハンターのDVDですが、寝起きにぼけててアマゾンで注文してしまいました。

おやおや、探してみたらビデオテープで出展している人もいますね。どれどれ。1円で売ってますね。

おっとよく見ると4巻だけ96円だ。最後のアニタの笑顔の代金に違いない。

テーマ:格闘ゲーム - ジャンル:ゲーム

2007.11.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

平和なもんだ

私の姉は一概に水商売というわけではないのですが、時折、男性から妙なものを貢がせてきたりします。

以前は甥のためにドラゴンボールの完全版を貢がせたこともありました。
最近ではニンテンドーDSのライトが知らぬ間に家に転がっていたこともあります。
そして先日、レイトン教授のソフトが置いてありましたね。

…貢ぐ方も貢ぐ方だよなあ…と。


ちなみにレイトン教授はクリア寸前で寝オチして、最初からやり直しになったようです。姉弟そろって頭弱いっすね。

テーマ:▼どうでもいい話 - ジャンル:日記

2007.11.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

転丸

Author:転丸
カンブリア紀に生息。
体長は30cmほど。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。